ブログトップ

1966

hinoeuma.exblog.jp

丙午生まれピーカン男の      ロケ日記

鼻毛も凍る・・・冬のモンゴル

モンゴル。
行きたかったところの1つではあったが、あまりにも厳しい大地。

都会では、
共産主義から資本主義へと変化の途中・・。
そういうところでありがちな、貧富の差の激しさ。
金持ちは、日本製の4WDやベンツに乗り、近代的なマンションに住み、
昼から綺麗なレストランで昼食。
貧しい家の子供たちは、セーブ・ザ・チルドレンのシェルターで共同生活を強いられ、
そこにも入れない子達は、
マンホールで寝泊りしながら、拾ったゴミを売って生きている。

地方では、
-40℃の厳寒の中、遊牧民の子供たちは
家の働き手として家畜の世話や、家の手伝いを強いられ
学校に通うこともままならない。

でも、
子供たちは強くたくましく活きていた。
眼は力強く、表情は輝いていた。
c0000088_20533017.jpg

c0000088_205424100.jpg

何故か『大丈夫だ・・・』って思った。

がんばれ・・・




ウランバートル市内
c0000088_213397.jpg

ウランバートルから車で2時間〔アルガラント村〕
朝は-40℃にもなるc0000088_2171312.jpg
c0000088_21638.jpg


村の学校まで通えない子供たちのための移動学校
c0000088_21141159.jpg

遊牧民たちの生活
c0000088_21171098.jpg
「ゲルだっ!」


c0000088_2132544.jpg
中では牛糞が燃料のストーブが
点いていて、とっても暖かい。
意外と広く
生まれたてのヤギの子を
中で飼っていた。

おじいさん・おばあさんが
一緒に住んでる所が多く
みんなとっても優しい。
どのうちに行ってもミルクティーが出される。
お湯にミルクを入れ、少しの茶葉と塩、
香辛料が入っていて、最初は塩味にびっくり・・。
慣れてくるとスープみたいで
体が温まり、おいしく感じてくる・・。


c0000088_21373822.jpg
c0000088_21375831.jpg




モンゴルうどん
麺はうどんとすいとんの中間。
スープも具もラム。とにかく滞在中、ラムばかり食べていた。
ラムが苦手な人はモンゴルに行ってはいけない。
僕は平気なので、とってもおいしくいただきました。
c0000088_21434047.jpg



遊牧民の子供たちは、とにかくよく働く。
小さな子が、馬に乗って走る姿はカッコよく、美しい。
子供たちが子供らしく輝いていた。
c0000088_21494710.jpg



c0000088_21574391.jpg

夏の緑の草原で、いつか彼らに再会したいと思った・・。
[PR]
by hinoe-uma | 2005-01-29 02:45 |  ┣ アジア